1978年式ショベルヘッド 腰下オーバーホール #3

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1978年式ショベルヘッドの腰下オーバーホール、続きです。前回はクランクケースを塗装したところまででした。

主要部、クランクの分解に入り…の前に、左側のベアリングを抜いて台に乗せ、現状はどんなものか見てておきます。

1978年式ショベル腰下オーバーホール18

右側:0.115mm、左側:0.150mmの振れで、マニュアル規定値を2倍以上オーバーしています。ちなみにキレイな『ハの字』に歪んでいます。

 

現状を把握したところでいよいよバラします。

1978年式ショベル腰下オーバーホール19

クランクピンナットは固着も無く簡単に緩みました。

 

左右のフライホイールを分離します。

1978年式ショベル腰下オーバーホール20

いい加減、外れる瞬間の『がっきーん!!!』音もビビらなくなってきました。

 

さて、振れが大きめだったクランクピン周辺の状態は…

1978年式ショベル腰下オーバーホール21

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール22

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール23

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール24

フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!! ・・・全滅

 

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール25

ちなみにピニオンシャフトもダメでした。

 

とりあえず全バラにして必要部品発注。

1978年式ショベル腰下オーバーホール26

今まで普通に走っていた車両でも、開けてみないと本当のところは分からないもんですね。

 

続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!