2011年式FXDWG ハンドル・ライザー・ウインカー交換 後編

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

のっけからカパッっとテールライトが外れております。こんにちは3110です。

前回はライザーとハンドルが付いたところまででした。画像にありませんが、一応コントロールを組んでハンドル周りは完成しております。

さて、今回は後編ということで、ウインカーの交換作業を進めていきます。

カスタムルックなテールライトですが、ちゃんとリアウインカー配線を格納している優れ物…さすが純正。 カプラーを分解し、純正ウインカーを取り外します。

 

高年式車両はタイヤが太いモデルが多く、フェンダーのクリアランスもゆとりがありません。

内側は従来のようなナット留めではなく、↓のようなプレートを使っています。

板にカラーが付いているのですが、社外ウインカーだとボルトの径が太く、カラーを通りません。

社外ウインカーが取り付け出来て、かつ純正にも戻せるよう小細工します。

 

純正ウインカーを取り外すと配線を通すための穴がぽっかり空いてしまいます。

純正ウインカーのステー形状に合わせ、穴隠し用の板を作りました。

確か、純正オプションの付属品か何かでも、こんなのパーツがあったような気がします。忘れた。

 

で、いよいよウインカーをマウントし配線します。ここで重要なのが配線とタイヤのクリアランス。

取り回しが悪く、タイヤと接触して配線が切れてしまった車両を何台か見ました。

一度リアショックを外してジャッキを下げ、タイヤの一番広い部分がウインカー配線と干渉しないか確認します。

このように走行時のストロークを再現してチェックしておけば安心です。もちろん今後ローダウンしても配線が干渉する心配はいりません。

 

リアのウインカーが無事に付いたので、お次はフロントの取り付けに入ります。

ダウンチューブ下部、おなじみの位置にマウントしたかったのですが、FXDWGはフォワコンのため市販されている板状ステーは使えません。 …作ります。

アルミの丸棒に旋盤で穴開けし…

 

ウインカーのボルトサイズに合わせてネジ切り。

 

両側ネジ切りした丸棒、垂直方向にいくつか穴を開けて、

 

エンドミルでマウントする面を削り…

 

こんな感じのステーに仕上がりました。

左右に開けた穴はウインカー配線中通し用の穴となり、シンプルに配線できます。 車体に装着した状態では下向きに開口しますので、雨の侵入にも配慮してあります。

 

ステーを塗装し、ウインカーをマウント・配線し、外装をもとに戻して完成です!

水平にマウントしたドラッグバーにストレートライザーの組み合わせで、フォークからのハンドルまでのラインが綺麗に繋がり、伸びやかな印象が増したフロントエンドになりました。

コントロールにぶら下がっていた純正ウインカーが無くなったのも大きな変化ですね。

 

リアウインカー…ボディがかなり小ぶりになり、取り付け幅も純正より狭まりました。

カラーリングも純正のクロームから、ストラットに合わせた黒に変わり、スッキリとした印象に。

目立たなくて良いパーツをシンプルな物にカスタムすることで、フェンダーのカラーリングとリアタイヤの太さが引き立つわけです。

 

フロントウインカー…概ね狙った位置に収めることができました。 どの車種でも、この位置が一番収まりが良い気がします。

フォワコン本体:リンクルブラック、ペグ:グロスブラックだったので、その配色に合わせてステーはリンクルブラックで塗らせて頂きました。

配色的に遊んでみたのも有りますが、リンクルブラック仕上げの既製品はあまり見かけないですよね?

誰かが見たときに、『ん? これワンオフ?』と気付いてくれたら、オーナーさんも嬉しいかなと思いまして。控え目なりに存在感を主張してほしい…的な。 …独り言です(´・ω・`)

 

市内のA様、喜んでいただけて何よりでした。ツーリングに間に合って良かったです。またのご来店お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!