1991FXSTC 納車整備 #2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1991年式FXSTC・ソフテイルカスタムの納車整備、続きです。
前回はオイル交換、インテークのシール交換などダイジェストでお伝えしました。

今回は足回りの整備です。

1991FXSTC6

既にホイールが外れておりますが、まずはリアから。

 

全く距離を走っていない車両なので、グリスも汚れていません。

1991FXSTC7

汚れていないとはいえ、経年劣化でだいぶ固化しています。
古いグリスを洗浄してベアリングレースの状態、エンドプレイのチェック。

 

この年代特有なのでしょうか?クリアランスが不足していたので要調整です。

1991FXSTC8

クリアランスを決めているセンターカラーを切削…

 

専用のスペーサーを組んでシム調整。

1991FXSTC9

シムだけ入れるとベアリングに接触してしまうので、スペーサーは段付き形状になってます。

 

規定値にセット。

1991FXSTC10

元に戻します。その他、関連する部分もチェックしております。

 

次はフロント。

1991FXSTC11

ホイール外して、

 

こちらも分解・洗浄・点検。

1991FXSTC12

エンドプレイ調整、OK。

 

フォークオイル交換。

1991FXSTC13

フォークのアウターチューブは中途半端にポリッシュされていたので、サッと磨き直しました。

 

古い車両はだいたいダメなネックのベアリング。

1991FXSTC14

アウターレース上側、

 

アウターレース下側。

1991FXSTC15

使えなくもない状態でしたが、頻繁に分解する場所ではないので新品に交換しておきます。

 

レース形状が現行と微妙に違うようで、特殊工具を1セットダメにしました。
新しい特殊工具を買って再チャレンジ…無事に取り外し完了。

1991FXSTC16

で、新しいレースを特殊工具で圧入。

 

下側のベアリングはステムシャフトに圧入されています。

1991FXSTC17

ローラーをバラし、インナーレースを特殊工具で取り外し。

 

専用のツールで確実にグリスアップしてベアリングを圧入。

1991FXSTC18

そして組み直し。滑らかに動くフロントエンドになりました。

写真が有りませんが、前後ブレーキフルード交換を済ませ、現在車検待ちです。
この時期、陸事が大変込み合っていますが、3月中にナンバーとれるかな?

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!