1979年式FLH カスタム #2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1979年式FLH、カスタムの続きです。前回はフロントエンドを交換しました。今回はリア周りの作業です。

1979年式FLH カスタム19

ドラムブレーキ用のホイールに交換します。ベアリングの状態をチェック。新品だとグリスがほとんど入っていないので、洗浄・グリスアップします。

 

タイヤの組み付け前にリムの振れを見ておきます。

1979年式FLH カスタム20

いちおう許容範囲でした。

 

タイヤを組み付け。

1979年式FLH カスタム21

リブドフロントという、まるでクラシックカーのようなタイヤです。130トレッドの半分以上がリブという漢のタイヤです。

 

スイングアームも丸スイングアームに交換します。

1979年式FLH カスタム22

こちらはとりあえず仮組みで。

 

スイングアームマウントだったフェンダーは、フレーム側マウントに変更します。

1979年式FLH カスタム23

板厚・強度のある新品に小細工。

 

マウント位置を確認します。

1979年式FLH カスタム24

ショックのストローク量を確認し、最大ストロークでもタイヤが干渉しないよう入念にチェックします。

 

1979年式FLH カスタム25

フェンダーに埋め込むネジ切りカラーを作って、

 

フレーム側にタブを溶接。

1979年式FLH カスタム26

もちろん2点留めで完成じゃありませんよ。

 

一通りの部品が付いて形になりました。

1979年式FLH カスタム27

乗り心地も確保したいとの要望でしたので、見た目とのバランスを取るのに苦戦しました…。

 

リアショックのマウントも小細工し、限界までスイングアーム側に追い込んであります。

1979年式FLH カスタム28

4速フレームにしてはナローにまとまったと思います。

 

全体像はこんな感じです。ハンドルは取り回し用にノリで付けたもので、完成形とは関係ないです。

1979年式FLH カスタム29

フォークのバネが固すぎて前上がりになったため、スプリングをカットしてフロントも少し沈むようにしました。

低ければ良いってもんでは有りませんが、リジッド並みのシート高…ローダウンしたソフテイルより断然低いです。

次はハンドルを作ります。では陸運局に行ってきます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!