2000年式FLSTS ギアドライブカム&強化オイルポンプ

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

キック始動性向上のため、ツインテック製イグニッションモジュールを装着した2000年式FLSTS・ヘリテイジスプリンガー

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ1

こちらの作業が本命とも言えるでしょう。まずはエキゾーストを取り外し…

 

すでにカムカバーを開いております。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ2

カムチェーンテンショナー交換?

 

カムシャフトも取り外し…ということは!

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ3

はい、ギアドライブカムに交換します。

チェーン駆動の純正方式は、バネ式テンショナーの磨耗による破損、またテンション過大でエンジン動作時の負担になるという問題点がありました。

 

チェーンドライブカムからギアドライブカムに変わることで、これらの問題も一気にクリア。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ4

テンショナーが破損してエンジンが壊れる心配が無くなりますし、作業時にはベアリングもグレードアップします。専用工具で確実に作業します。

 

こちらが新しく組み込むカムシャフト。プレスを使ってギアにシャフトを圧入します。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ5

カム選びはお任せでしたので、今回は低速~中速重視のカムを使用します。カムごとに特性が異なりますので、オーナーさんの乗り方に合わせてパワーアップできるのも魅力です。

 

サポートプレートにギアドライブカムを圧入。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ6

ギアの噛み合い位置が決まっていますので、マーキングして確実にチェック。

 

ギアドライブカムをエンジンに戻す前に、クランクケース側のベアリングも交換しておきます。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ7

抜き取りの際にベアリングが破損すると、クランクケースを割る羽目になってしまいます。

可能性はゼロではありませんが、不要なリスクを減らすために可能な限り特殊工具を揃えるようにしています。例えその工具の出番が1年に1回だったとしても…()

 

こちらは取り外したクランクケース側カムベアリング。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ8

過去の作業でもご紹介しておりますが、新品は荷重を受けるローラーの本数が増えます。

 

特殊工具で圧入。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ9

こうして見るとギアドライブカムの作業はけっこうな種類の特殊工具が必要なんですね。

 

ここまで分解したなら、併せて交換したいのがオイルポンプ。フューリング製の強化型オイルポンプに交換します。

より低回転から油圧を上げることができます。アイドリングの回転数を下げたい方は必須ですね。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ10

写真撮り忘れましたが、これらの作業の際にはクランクシャフトの振れが規定値に収まっている必要があります。今回の車両は一度クランク分解しているので、非常に良いコンディションでした。

 

ギアドライブカムをクランクケースに戻し、オイルポンプの位置決めをしながら固定します。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ11

そしてクランクからカムシャフトへ動力を伝達するギアを装着。こちらもタイミング合わせは確実にチェック。

 

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ12

ギア同士のクリアランスもチェックします。重要です。

 

純正ですとプッシュロッドの脱着にはロッカーボックスの脱着が伴います。割と手間です。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ13

今回は伸縮式のプッシュロッドを使用して手間をカット。今後のメンテナンス性もアップします。

 

カム周辺の作業は無事に完了。せっかくなのでオイルもハイグレードな物を。

2000年式FLSTS ギアドライブカム&フューリングオイルポンプ14

MOTUL 300V Factory Line ギアドライブカムと相まって、さらなるレスポンスと滑らかさを体感させてくれるでしょう。

 

キックで始動してみました。

もともと排気量がアップされていたのですが、さらにパンチのある加速になりました。

高速で長距離を走ることも多いオーナーさんですが、伸びの良さも体感して頂けたようで良かったです。

市内のK様、毎度ありがとうございます。またのご来店お待ちしております。

 

関連記事はこちら。

2006年式FLHR ギアドライブカム&強化オイルポンプ

2005年式FLSTC 吸排気系カスタム #3

2005年式FLSTC 吸排気系カスタム #2

2005年式FLSTC 吸排気系カスタム #1

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!