1969年式XLCH アイアンスポーツリジッド オーバーホール #1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1969年式XLCH・アイアンスポーツリジッドのエンジンオーバーホールをご紹介します。

1966年式XLCH スポーツスターリジッド

以前に当店で販売した車両です。納車時は腰上オーバーホールまででしたが、腰下もガタが来ていたのでフルオーバーホールすることになりました。

ひたすらバラします。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール1

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール2

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール3

エンジン・ミッションが一体のスポーツスターは、アッセンブリーではかなりの重量があります。

外せる部品は全て外し、少しでも軽くして車体から降ろします。

 

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール4

はい、降りました。

 

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール5

とりあえず一通り分解・計測済み。追ってご紹介します。

 

まずは先に修復しなければいけない箇所から着手します。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール6

カムカバー。一見問題はなさそうですが、

 

クラッチケーブルのホルダー部分にクラックが…。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール7

もともと肉厚が1mmも無い状態でした。今後同じ問題が起きないよう、補強しつつクラックを補修します。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、このような場合はTIG溶接でアルミを肉盛りし整形する方法となります。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール8

まずはじめにアルミを肉盛りする部分をざっくり削り取ります。

 

そしてアルミを肉盛り。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール9

必要な肉厚が確保できるまで数回溶接を繰り返します。

 

溶接後、荒削りしたところ。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール10

鬆(す)穴の発生も無く、もともとのアルミ地にしっかりと溶け込んでいるのが分かると思います。以前より肉厚も増していますので、強度も必要十分でしょう。

 

ケーブルが挿さる穴を開けなおし、形を整えて表面の質感を合わせ完成です。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール11

強度確保のため純正より肉厚になっていますが、違和感無く仕上がったかと思います。

続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!