1981年式FXS ネックカップとベアリングレース

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

おはようございます3110です。ブログ用画像が溜まり過ぎで、どこからアップしていいのか分からない状態です。小出しでいきますね。

こちら、フレームを塗る前に外したネックカップです。

1981FXS 35mmナローフォーク ネックベアリング1

↑のリンク参照。ベアリングレースを抜きたいのですが、レース用の特殊工具を引っかけるスペースがありません。

 

こんな時にはベアリングレースの内側に溶接で肉盛りします。

1981FXS 35mmナローフォーク ネックベアリング2

溶接後、熱が冷めるとビードが収縮します。レースも引っ張られて外径が縮みクリアランスが生まれます。ネックカップをひっくり返すだけで抜けます。

 

それほど頻繁に交換する場所ではないと思いますが、レース交換の度に毎回ネックカップを抜くのは手間です。脱着によってフレーム側の穴が広がってしまう恐れも有ります。

1981FXS 35mmナローフォーク ネックベアリング3

ということで旋盤で少し内側を削ってやりました。

 

1981FXS 35mmナローフォーク ネックベアリング4

これで特殊工具を引っかけるスペースができました(矢印部)。次回からはネックカップを外さずにレース交換できます。

 

1981FXS 35mmナローフォーク ネックベアリング5

特殊工具でネックカップをフレームに圧入。トリプルツリー装着準備完了です。

なお、溶接時の熱で亜鉛めっきが全て剥がれてしまったため、黒に塗装しました。

続きます。

 

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!