1980年式FLH ショベルヘッドオーバーホール #2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

おはようございます、3110です。ゴールデンウィークもあっという間に終了しましたね。皆様、楽しくバイクに乗れましたでしょうか?

1980年式FLHのエンジンオーバーホール、続きです。作業内容が飛び飛びですみません。

1980FLH エンジンオーバーホール5

新品ケースに入っていたカムベアリングに問題が有ったため、新品を新品に交換します。

 

特殊工具を引っかけて抜きます。

0FLH エンジンオーバーホール6

 

こちら、新しく組むベアリング。メーカー名がKOYO(光洋精工)となっていますが、かつてのTorringtonの製品と同じものです。なんでもKOYOに買収されたみたいです。

0FLH エンジンオーバーホール7

その光洋精工も豊田工機と合併して、ジェイテクトという会社になったみたい…Torrington自体、Timkenに買収されて子会社状態だったとか…事情が複雑すぎてよく分かりません><

 

ベアリング会社の事情を調べると頭が痛くなりそうなので、スルーして作業に戻ります。

0FLH エンジンオーバーホール8

特殊工具でカムベアリングを圧入。圧入と言ってもそれほどキツイはめ合いではないです。

 

そもそもコイツらのチェックをしようと思ったらベアリングの不具合が発覚したのです。

0FLH エンジンオーバーホール9

 

おニューの特殊工具を使い、隙間からリフターの動作状態をチェック。気になった箇所は問題なしでした。

0FLH エンジンオーバーホール10

本来はピニオンギアやオイルポンプ周辺作業の際、カムシャフトを持ちあげて保持しておくためのツールです。

オイルポンプassy.交換等の作業ではかなり活躍してくれそうです。ということで誰かオーダー入れて下さいw

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!