1980年式FLH エンジンオーバーホールほか#1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1か月半に1回更新の当ブログをご覧頂きありがとうございます😇

 

1980年式FLHのエンジンオーバーホールをご紹介します。

こちらは他店様で購入された車両で、数回のEg修理を経た後、腰下からフルオーバーホールされたそうです(←重要)。
しかし、アイドリング中でもブリーザーからのオイル噴出が止まらないとのことで、故障探求のご依頼を頂きました。

1980FLH エンジンオーバーホールほか1

この症状はブリーザーギア、オイルポンプ周りが原因の場合が多いです。
まずはその辺りから分解してチェックしていきます。
カムカバーがほとんど締まっていなかったので、不穏な空気を感じます。

続きを読む

油圧タペット比較

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

タペットマペット!

 

社外の油圧ユニットは性能が良くない…という話をよく聞きます。

ショベルヘッド 油圧タペット1

右:純正、中:Sifton(V-twin(Tedd Cycle))、左:Eastern

続きを読む

1980年式FLH ショベルヘッドオーバーホール #2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

おはようございます、3110です。ゴールデンウィークもあっという間に終了しましたね。皆様、楽しくバイクに乗れましたでしょうか?

1980年式FLHのエンジンオーバーホール、続きです。作業内容が飛び飛びですみません。

1980FLH エンジンオーバーホール5

新品ケースに入っていたカムベアリングに問題が有ったため、新品を新品に交換します。

続きを読む