1980年式FLH タイヤ&ベアリング交換

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

しばらく作業の記事を書いていませんでした。
この時期はなかなか写真撮っているゆとりが無く…

1980年式FLH・ショベルヘッドのタイヤ&ホイールベアリング交換を承りました。
お客さん自身でホイールを外してお持ちいただきました。

1980FLHタイヤ交換1

塗装に出された後なので、既にタイヤは外れた状態です。
専用工具で古いベアリングレースを抜きます。

 

新たに使用するホイールベアリングはもちろん純正のTIMKENベアリング。

1980FLHタイヤ交換2

社外品は精度と耐久性が微妙なものも多く、特に足回りは信頼できるものが良いでしょう。

 

1枚目と似たような画像ですが、

1980FLHタイヤ交換3

こちらはベアリングレースを圧入しているところです。
レースが斜めに入らないように慎重に作業します。

 

ベアリングとスペーサーを仮組してクリアランス確認。

1980FLHタイヤ交換4

テーパー形状のベアリングは対で挟み込む形で使用しますが、クリアランスはベアリング間のスペーサーの長さで決まります。

 

マニュアル上はクリアランス指定値がありますが、実際はクリアランス0になっている場合が多いです。
実はクリアランス0で予め適当な負荷を掛けると、色々とメリットがあります。逆にデメリットもあります。

1980FLHタイヤ交換5

そういった考えに基づいた結果なのか、当時の組立精度にバラつきがあっただけなのかは、自分には分かりません。
いずれにせよデメリットは避けたいので、クリアランスを取るようにスペーサーを加工します。
なお、次のベアリング交換時のクリアランス変化に対応するよう、シム調整式にアップデートしてます。

 

…なんて、久々の作業紹介なので真面目に書いてしまいました。

1980FLHタイヤ交換6

今回装着するタイヤは、ファイヤーストーンANSです。
ブロック形状のパターンは見るからに路面への食い付きが良さそうです。

 

タイヤ組み付け後にバランス取りをして、

1980FLHタイヤ交換7

グリスアップやベアリング、スペーサー、シールなどを組み付けて作業完了です。

 

黒ハブ、黒リムにブロックパターン、いかにも旧車な雰囲気で良いですね。

1980FLHタイヤ交換8

今回のようにホイール単体での作業も承っておりますので、DIY派の方はお役立て下さい。

K様、毎度ありがとうございます。またのご依頼お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
 

HP:http://overload-machinery.com
Blog:http://overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!