2012年式FLD サンダーマックス取り付け&マフラー交換

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

2012年式FLD・スイッチバックのサンダーマックス、左右出しマフラーの取り付けを承りました。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー1

現車を見るのは初めてですが、ベースがダイナだけあってツアラー系よりシンプルにまとまっています。

左右出しのマフラーとサンダーマックスで、よりFLらしい外観とハーレーならではの乗り味に変身させます。

 

早速作業へ。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー2

まずはマフラーを取り外します。

 

最近の車両ですと、純正とサンダーマックスでセンサーのサイズが異なります。サンダーマックス装着時にはセンサーの取り付け口(バング)を増設する必要があります。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー3

新しいエキパイを仮組みして、バングの位置を決めます。干渉が起きないよう入念にチェックします。

 

少し惜しい気もしますが新品のマフラーに穴あけ。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー4

溶接不良の原因にならないよう、穴の周辺はメッキを落とします。

 

下準備が出来たら、こんな感じでバングを溶接します。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー5

溶接後、いざ組み付けて干渉が起こると大惨事なので、とにかく位置決めが重要です。

 

溶接部を塗装後、サンダーマックス付属のセンサーを装着してみました。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー6

フロント・リアともに問題無く取り付け出来ました。

 

あとはカバーやサイレンサーを装着していけばマフラーは完成です。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー7

 

次はサンダーマックス本体の取り付けです。純正コンピューターと交換しますが、現行型は従来品より随分コンパクトになっています。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー8

サンダーマックス本体を取り付けたらPCで基本セッティングを行い始動準備完了!

 

機関系のオイル類一式交換も承りました。始動チェック後に交換済みです。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー9

走行1,800km強なので、まだまだスラッジが出ます。このような場合にはメーカー指定のメンテナンススケジュールより早めの交換をお勧めします。

 

では、完成図をご覧ください。

2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー10 2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー11 2012FLD サンダーマックス&バンスアンドハインズ左右出しマフラー12

ツアラー顔負けの迫力あるスタイリングになりました。サンダーマックスの力強い加速感も相まって、純正には無いハーレーらしい乗り味になりました。

新潟市のT様、ありがとうございました。しばらく走ったらデータのチェックにお越しください。

 

現行型にお乗りで、いまいちイメージしていた乗り味と違うという方、サンダーマックス装着で変化を体感して下さい。

お問い合わせお待ちしております。

※年式によってマフラーの音量や排気ガスの規制値が異なり、規制値を超える場合は公道走行不可です。
保安基準適合外のマフラーは、サーキットのみでご使用頂くお約束の上で作業を行っております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!