1977年式XLH1000 納車整備 #2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1977年式XLH1000、引き続きフォーク周辺の整備です。
前回はブレーキキャリパーをリビルドしました。

1977XLH1000 13

ネックベアリングの状態をチェック。
スポーツスターは1977年式までボールベアリング式となっています。上側はキレイですが…

 

下側…アウトー。見てお分かりの通り、ボールのあった部分が窪んでいます。
長期放置で常に同じ個所へ荷重が掛かると、グリスが押しのけられて金属同士が直接接触するようになります。

1977XLH1000 14

すると電気的に腐食が生じ、摩耗はしていないがNGという状態になります。
機械は定期的に動かす方が調子が良いというのは、油膜切れ防止の点で一理ありますね。

 

ボールベアリング式はレースとネックカップが一体のため、一式交換です。

1977XLH1000 15

新しいネックカップを圧入します。

 

トリプル側のレースも外します。

1977XLH1000 16

これを外すの、結構大変です。

 

専用の道具で新しく使うベアリングをグリスアップ。

1977XLH1000 17

この機会にボールベアリングから現行のようなテーパーローラーにグレードアップします。

 

社外部品はほんと適当です。ベアリングのフタがネックカップと干渉するので加工します。

1977XLH1000 18

 

はい、ちょうど良く収まるクリアランスとなりました。

1977XLH1000 19

 

グリスアップしたベアリングとトリプルを組みます。

1977XLH1000 20

へたってグニャグニャだったハンドルダンパーも新品に。

 

ちょっと作業が飛びますが、先日錆び取り&内部コーティングしたガスタンクを装着しました。

1977XLH1000 21

 

ガスコックは完全に腐っていたので新品に。

1977XLH1000 22

新品はレバーの動きが悪く、すぐにガソリン漏れするイメージですが、パッキンとの接触面が平面になっていないせいです。しっかり平面出して潤滑すれば問題なく使えます。

 

本編に戻り、フォークの分解・洗浄・点検。

1977XLH1000 23

当然オイルシールは新品に交換。

 

油面調整して組み付けます。

1977XLH1000 24

ホイール、ブレーキを戻せば完成ですが…続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!