2009年式FLSTSB リアローダウン&タンクアップマウント

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

2009年式FLSTSB・クロスボーンズのリアローダウンとタンクアップマウント装着を承りました。

現行のラインナップからは外れてしまいましたが、個性的で面白い車両だと思います。黒地にカバー類はポリッシュ仕上げという、エンジン周りの配色が好きです。

新車でも個性的なモデルが増えてきた昨今ですが、純正の車高ですとリア周りの腰高感が否めません。車両購入後、まず最初に触りたい部分のひとつです。

 

早速外れているソフテイルのリアショック。

ダイナやスポーツスターとは異なり、スイングアームが沈み込むとリアショックは伸びる方向に動きます。

つまり、リアショックの全長を伸ばすことでスイングアームが沈んだ状態となり、ローダウンとなります。

 

 

プレスでスプリングを圧縮し、分解。

 

さらに分解。スプリングを押さえている皿の部分も外します。

 

スタッドリムーバーという工具で、ダンパーロッド先端のネジを掴み微調整。

 

これがロワリングキット。ただのネジ切った棒です。

 

このように装着します。ショックの全長が純正より長くなりました。

 

車体に戻して車高を調整すればローダウン完了!

 

写真だと分かりづらいかもしれませんが、フェンダーとホイールまでの間隔が縮まっています。

そしてタンクアップマウント、

 

装着前

 

装着後

2インチほどタンク前部が持ち上がり、タンクに隠れていたロッカーボックスが見えるようになりました。

リアのローダウンと組み合わせると、前上がり感が強調されますので、FXST/CやFXCW/Cにもオススメです。

なお、今回のお客様は『ロッカーボックスの上部まで磨きたいが、隙間が無く手が入らない』ということでタンクアップマウントを装着しました。

確かに磨きやすくなりましたので、磨くのが好きなひとにはそういうメリットもありますね。

 

豊栄市よりお越しのTさま、ありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!