1998年式FLSTS 前後タイヤ交換ほか

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1998年式FLSTS・ヘリテイジスプリンガーのタイヤ交換ほかをご紹介します。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ1

Fタイヤです。爪で押しても跡が残らないほど硬化していて、グリップは期待できません。

 

あまり走行距離が伸びない乗り方だと、溝の深さより素材自体の寿命が先に来ます。
溝の残量に関わらず、3~4年ごとに交換できればベストですが、コスト面も問題です。
このような場合は、あらかじめ柔らかめのタイヤを装着しておくことで、硬化が始まっても極端なグリップ力の低下は回避できます。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ2

今回はグリップ・持ち・コストのバランスが良いナイトドラゴンを使用します。

 

ホイールを外すついでに、ホイールベアリングの点検も承りました。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ3

新車時から走行約22,000kmにして、今回が初のグリスアップです。
距離が伸びていないだけあって、比較的きれいな状態です。

 

グリスの状態が良かったおかげで、ベアリングレースもノーダメージ。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ4

最悪ホイールベアリング交換も想定していましたが、交換せずに済みました。

 

Rタイヤ。当然こちらもガチガチです。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ5

トレッドには亀裂を発見。

 

Fホイールはそれほどサビていませんでしたが、Rホイール内部はこんな状態。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ6

できるだけサビを落として簡易的に防錆処理しておきました。

 

Rホイールベアリングも状態は良さそうです。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ7

今回の車両は運が良かったですが、シールがダメージを受けると内部に水分が混入し、ベアリングが腐食することがあります。
グリスが入っていても腐食は進行しますので、定期的に点検をお勧めします。

 

元に戻して作業完了です。

1998FLSTS 前後タイヤ交換 ホイールベアリンググリスアップ8

やはり新しいタイヤは良いですね。ブレーキの利きも良くなりますし。

W様、ありがとうございます。またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
HP:http://www.overload-machinery.com
Blog:http://www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!