2006年式FLSTC フロント&リアローダウン

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

2006年式FLSTC・ヘリテイジソフテイルクラシックのフロント&リアローダウンを承りました。

2006FLSTC front fork rear shock low down1

現在前後ともにノーマルの車高ですが、スタイルはどのように変化するでしょうか。楽しみです。

 

少し急いで作業したので、今回も写真点数少なめです。悪しからず。

リアショックを車体から外し、プレスで圧縮してスプリングを抜いたところ。右側の青白いボルトがロワリングキットです。

2006FLSTC front fork rear shock low down2

純正のダンパーに付いている黒いボルトと差し替えて使用します。

 

このようになります。ボルトが長くなると車高が落ちるわけです。

2006FLSTC front fork rear shock low down3

長くなってるのにローダウン…『?』が出たひとは、機会があればソフテイルの腹下を覗いてみて下さい。

 

お次はフロントです。ナセル、フォークカバー付きの車両の場合、少し手間が増えます。

2006FLSTC front fork rear shock low down4

ロワリングキット組み付けのためにフォークは全バラです。フォークオイル交換のついでに作業するとお得です。

 

スプリングのプリロードを適正にするため、カラーの長さを調整。

2006FLSTC front fork rear shock low down5

ちなみにここで言うプリロードとは、自重での沈み込み量を調節するため、予めバネを縮めて荷重を掛けておくことです。参考:バネの話

 

フォークのアウターはポリッシュしました。クロームのごとく輝いたのにピンボケです…

2006FLSTC front fork rear shock low down6

足回りは事故に直結する重要な部分なので、トルクレンチを使用して締めつけ。

 

リアのローダウンだけであれば、大抵スタンド交換なしでOKですが、

2006FLSTC front fork rear shock low down7

前後ローダウンした場合は忘れずにスタンドも交換しましょう。スタンド交換しなかったがために、アイドリングの振動で転倒する場合もあります(経験者)

 

そして完成です。

2006FLSTC front fork rear shock low down8

2006FLSTC front fork rear shock low down9

2006FLSTC front fork rear shock low down10

ノーマルではやや腰高でしたが、前後水平を保ったままローダウンしたことで、FL系らしいドッシリ感が強調される仕上がりとなりました。迫力が増しましたね。

足つきも向上し、取り回しも楽になりますね。なお、フロントフォークのバネが変わることで、ブレーキ時の安定感も増しております。うーん、一石二鳥。

 

村上市よりお越しのK様、ありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!