2015年式FXSB サンダーマックス装着ほか

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

2015年式FXSB・ブレイクアウトのサンダーマックス装着をご紹介します。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換1

エキパイはクロームなのにサイレンサーだけ黒塗りという、ハイセンスな純正マフラー。
サンダーマックス装着に合わせ、こちらも社外品に交換します。

 

高年式の車両はO2センサーが従来モデルより小型化されています。
サンダーマックスのセンサーを装着するためには、エキパイの溶接加工が必須となります。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換2

傷が付かないように入念にマスキングして分解していきます。

 

エキパイを取り外して穴を開け、新たな取付口、バングを溶接します。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換3

ダミーのセンサーを使用し、周囲に干渉せず目立たないような位置決めを行っています。

 

フロント側、溶接後です。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換4

 

リア側は純正と同じセンサー取り付け位置となります。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換5

穴開けし、

 

溶接後です。エキパイ側の形状に合わせてバングを整形しています。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換6

溶接部は剥き出しのままだと腐食しますので、耐熱塗装での仕上げとなります。

 

エキパイの加工が済んだところで、サンダーマックス本体の取り付けです。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換7

FXSBはFXCW系の構造を踏襲しており、ECM交換の際にはホイールの脱着が必要です。
このため、他のモデルより作業費用が若干割高となっております。

 

今回が初の分解だと思いますが、組立ラインではアンチシーズを塗らないのかな?

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換8

固着防止のために焼き付き防止剤を塗っておきます。サイレンサーを交換して…

 

はい、完成です。

純正サイレンサーに比べ、形状、色ともにスッキリした雰囲気に仕上がりました。
リアホイール周辺の見通しが良くなったので、ホイールのデザインも引き立ちますね。

2015FXSB サンダーマックス・スリップオンマフラー交換9

ハーレーらしいサウンド、また弾けるような三拍子にご満足頂けたようで何よりです。

新潟市よりお越しのS様、ありがとうございました。リアローダウンのご依頼、お待ちしてます。

 

 

 

※年式によってマフラーの音量や排気ガスの規制値が異なります。
規制値を超える場合は違法改造となり公道走行不可です。
サーキットのみでご使用頂くお約束の上で作業を行っております。
マフラー交換をご検討の際には、事前に一度ご相談ください。

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
HP:http://overload-machinery.com
Blog:http://overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!