1966年式XLCHリジッド フォークシール交換

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

連日沢山のお客さんにご来店頂きまして、ありがとうございます。
いよいよGWも終盤に突入ですが、皆さん元気に走り回ってますでしょうか?

さて、本日は1966年式XLCH900リジッドのフォークシール交換をご紹介します。

1966XLCH フォークシール交換1

最近フォークオイルが漏れるそうです。納車前に交換して3年くらい経つでしょうか。
ダストブーツ無しの仕様なので、痛みが早いのも仕方なしでしょう。

 

今回はコスト重視で対応しますので、フォークは外さずアウターだけ抜き取ります。

1966XLCH フォークシール交換2

オイルが真っ黒に汚れています。スルーしがちですが、定期的に交換してあげましょう。

 

動作部分が擦れて鏡面仕上げになっていましたが、

1966XLCH フォークシール交換3

極細目のペーパーなどでヘアラインを付けます。

 

フォークシールを交換してアウターを元に戻し、フォークオイルを注入。

1966XLCH フォークシール交換4

車載状態での作業なので、今回は油面高さではなく油量でセッティング。

 

無事に作業完了です。ブレーキのライニングも、しばらくは持ちそうで良かったですね。

1966XLCH フォークシール交換5

難なくキック始動成功で思わずニンマリのオーナーさん。

新潟市のO君、毎度ありがとうございます。日曜日の朝ツー、ご参加お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
HP:http://overload-machinery.com
Blog:http://overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!