1976年式FLH タイミングホール ねじ山修理

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1976年式FLHのタイミングホールのねじ山修理のご依頼を頂きました。
県外からのご依頼でケース左側単体をお送り頂きました。

修理前のケースの画像を撮り忘れましたが、プラグが噛む部分のねじ山が綺麗に飛んでいる状態でした。例によってタイムサートで補修します。

タイミングホールのねじ山は奥行きが少ないので、インサートをプラグの長さまで詰めます。

 

奥の方に多少ねじ山が残っていたので、タップを噛ませて芯を拾います。

 

下穴開けとねじ山立てまで完了し、インサート用のザグリを入れます。

 

ロックタイト塗ったインサートをカシメて修理完了です。

 

内側の飛び出しも無くピッタリ収まりました。

実用上は大きなないと思いますが、タイミングホールによる点火タイミング調整は完全に精度が出る訳ではないので、詰めたい場合は上死点を拾っての調整をお勧めします。
関連記事:【長文注意】1980年式FLH エンジンオーバーホールほか#4

岡山県のN様、この度はご依頼ありがとうございました。

修理については部品単体で対応可能な場合もありますので、お近くのショップさんで対応できないなど、お困りの際はお気軽にご相談下さい。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
HP:http://www.overload-machinery.com
Blog:http://www.overload-machinery.com/blog
E-mail:こちらから
所在地&TEL/FAXはこちら

For Sale!!