2000年式FLSTS 振動で折れた部品を溶接修理

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

先日ギアカム&強化オイルポンプを装着した2000年式FLSTS・ヘリテイジスプリンガーですが、ツーリング中にコイルブラケットが折れてしまったそうです。

2000FLSTS coil bracket welding repair job1

針金で縛り、なんとか走行不能は回避できたようで…何よりでした。

排気量アップに加えてバランサーも外してあるので、純正の強度では振動に耐えられない物もあるんだと思います。ということで補強を加えて修理します。

 

コイルブラケットを外して折れた部分を確認すると…おお、前にも折れて修理してたんですね。

(基本的に)溶接箇所は肉盛りで強度が上がりますので、折れる場合はその手前からとなります。

2000FLSTS coil bracket welding repair job2

こちらのブラケットも定説通りに折れてます。再発するということは、今の仕様に対して素材・構造が強度不足ということです。

 

見た目は気にしないとのことで、強度優先で大げさに補強を入れました。

2000FLSTS coil bracket welding repair job3

支柱の根元から補強を入れたので、折損の原因となるビビリはかなり抑えられると思います。

 

塗装して組みつければ修理完了。一応考えて補強を入れたので、特に目立たないと思います。

2000FLSTS coil bracket welding repair job4

チェーンガードのステーも折れていたので、そちらも補強を入れて修理しておきました。今度は長く持つと思います。

市内よりお越しのK様、毎度ありがとうございます。またのご来店お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!