ラインリーミング

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

今回の作業は『前回の作業』を行ったうえでないと出来ない作業でっす。

ちょっと古い写真ですが、カバー側のメタル軸受
1977FLHcam bushing and pinion shaft bushing1
カム側もクランクシャフト側も新品に打ち換えです。

1977FLHcam bushing and pinion shaft bushing2
クランクケースのカムベアリングも新品に交換。

ここでクランクケースにカムカバーを装着。
1977FLHcam bushing and pinion shaft bushing3
前回のクランクの軸受同様、圧入しただけではサイズ、
穴のラインが合わないので内径仕上げ専用の刃物で加工します。

1977FLHcam bushing and pinion shaft bushing4
クランクケース側とカムカバー側、
軸受が同一直線状に整列しました。

1977FLHcam bushing and pinion shaft bushing5
専用ツールで精度に問題が無いか確認します。
ダミーのカムシャフトみたいなものですね。
動きも良い感じです。

同様にクランクシャフトの軸受けもアライメントを取ります。
左右のクランクケースからカムカバーまで、完全に芯が出ている状態です。

中に収まるものが完璧でも、軸受が不完全では本領発揮できませんからね。
って、まだクランクの芯出しやってないけどさ

続きます。

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:こちらから
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:こちらから
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!