2009年式XL1200N フォーク・リアショックをカスタム

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

2009年式XL1200N・ナイトスターのフォークとリアショックのカスタムを承りました。

以前に作業したXL883L・スーパーローの記事を見てお問い合わせ頂きました。

前回のお客さま同様、バンク角に不満が…とのことです。車高の低いモデルは慣れると不便に感じてしまうんでしょうね。

前回のデータがありますので、部品のマッチングはOK。早々に作業に入ります。

 

前回の車両はXL883Rの純正ショックを装着しましたが、今回はモーターステージさんからIconの13.5インチショックをお取り寄せ。

 

ご覧の通り長いです。 車両のカラーリングに合わせて黒のショックです。

 

装着完了。今までフェンダーが被っていたタイヤが、ほぼ丸見え状態です。

なり車高が上がったのがお分かりいただけるかと思います。

 

ベルトの張り、干渉をチェックしてアクスルシャフトをトルクレンチ締め。

従来のリアアクスルの締めつけトルク値と大幅に異なりますので、トルク管理は特に重要です。

ロックタイト青が写っていますが、当店ではアクスルには赤を塗布しています。

『塗らずに緩むくらいなら、塗って次回緩めづらい方がまし』というのが持論でござんす。

 

車高アップの際にはスタンドも長い物に交換してやりましょう。ここを忘れると停車時に恐い目に遭います。

 

バックの体制でがっしり掴んで、お待ちかねの前を弄ってやります。

 

フォークを外しました。インナーが短いように見えて、実はこれだけの長さがあります。

本気を出せば長くなるのは皆様と同様です。ただし、フォークの場合は太さ・硬さは変わりません。

 

部品を装着して油面調整。

フォークの固さはスプリングのレートだけで決まるわけではないんです。奥が深い部分ですね。

 

ストックより随分のび太。

余談ですが、わたくしは良くジャイアンとか左門豊作とか言われます。否定はしません。

 

出来た!

おぉ、見違えるほど車高が上がりました。やすたろくんの好きな『こしのたかい』感じになりましたね。

 

フォークが延びましたが、純正フォークブーツでも違和感無いです。

プログレッシブのリプレイス用スプリングを組んでいますが、ブレーキ時に『ガクン』と急激なボトムが無く、グッと踏ん張ってくれます。

 

フロントに負けず劣らず、リアショックも良い動作感です。

減速時にリアショックが伸びて姿勢が変わるのが分かります。純正より荷重移動が分かりやすいです。

フォークと相まって、安心してフロントブレーキを握れるようになったのではないでしょうか。

 

バンク角が増えて足回りも締まったので、走るのが一層楽しくなりそうですね。

新潟市のS様、ありがとうございました。今までに無かったコーナリングを楽しんで下さい。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!