2006年式FLHX リアブレーキパッド交換

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

2006年式FLHX・ストリートグライドのリアブレーキパッド交換をご紹介します。

ツーリングモデルは車重が有りますので、他のモデルよりブレーキパッドの減りが早めです。
特にリアはバッグに隠れていますので、定期点検とツーリング前の点検は欠かせません。

2006FLHX リアブレーキパッド交換1

この残量だと、街乗りメインなら多少は交換時期を延ばせなくもないでしょう。
しかし、長距離ツーリングでは摩擦材を使い切る可能性もありますので、早めに交換します。

 

ブレーキパッド交換で多いお問い合わせは、摩擦材の種類による違いです。
例えばメタル系と樹脂系で比較すると、一般的には下記のような特徴になります。

種類 制動力 摩擦材の減り ローターの減り 価格帯
メタル系 良い 早い 早い 高め
樹脂系 普通 遅い 遅い 低め

表だけ見ると、メタル系は頻繁に交換が必要に思えますが、現行純正品もこのメタル系です。
あくまで2種類で比較した場合の話で、メタル系の消耗が極端に早いという訳でもありません。

 

ご相談させて頂いた結果、重量級のツーリングモデルなので制動力重視のメタル系で。

2006FLHX リアブレーキパッド交換2

摩擦材の角を面取りし、部位ごとに適したグリスを塗って組みます。

 

パッドを支えるピンもグリスアップ。ダスト固着の原因になるので塗り過ぎはNGです。

2006FLHX リアブレーキパッド交換3

ダスト固着でパッドの動きが悪くなると、最悪ローターが歪むので、定期的にメンテしましょう。

 

パッド交換時にはローターも点検していますが、振れも規定値内で無事に作業完了です。

2006FLHX リアブレーキパッド交換4

これでまた不安なくツーリングを楽しめることでしょう。

村上市のT様、ありがとうございます。またのご来店お待ちしております。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
HP:http://overload-machinery.com
Blog:http://overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!