1969年式XLCH アイアンスポーツリジッド オーバーホール #3

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

毎度の調子で随分間が空いてしまった1969年式XLCH・アイアンスポーツリジッドのエンジンオーバーホールです。
ブログをサボってる間に、既に完成してしまったので事後報告です。
どこまで進んだか忘れてしまった方は、こちらの記事を読んで思い出してみて下さい。

引き続きケース周りの作業です。オイルポンプのベース面。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール23

ボルト穴の端部がせり出しているので面出しします。

 

面出し後…小さな歪み、細かな傷などが無くなり、ビシッとした面になりました。
特別な原因が無ければ、この作業でオイル漏れはだいぶ軽減できるかと思います。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール24

その他、シリンダーベースやカムカバーなどの合わせ面も面出しを行っています。

 

次は…工具を作るところから。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール25

回す相手が大きな『―』マイナス溝の頭なので、それに合わせてカラーを削って、

 

出来上がった頭を要らないソケットに溶接。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール26

これだけだと強度が怪しいので、簡易的に焼き入れして硬度を上げ、

 

こんじぇもか、こんじぇもかっ…と力を掛けると、

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール27

 

工具が折れたので、部品の裏にナットを溶接して回して抜きました。
ウキウキで工具作ってた俺の1時間返して(泣)

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール28

ちなみにこちらの部品、ミッション・プライマリー側からの内圧をクランク側に逃がすためのワンウェイバルブです。
この部品が逝かれてると、クランク側のオイルがミッション・プライマリー側に逆流します。
エンジンオイルの減りが早く、ミッションオイルを抜いた際に量が増えてる、黒っぽく汚れている場合は、この部品が原因です。

 

クランクのドレンボルト以外に、リア側のエンジンマウントのネジ山が壊れていたので修正します。
エンジンマウントが割れていたのですが、このネジ山が壊れていたのが原因かと。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール29

精度が要る場所なので、ダイヤルゲージを当てて、ケースにの垂直・水平出しを行います。

 

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール30

穴を開けまして、

 

無事に修正完了。

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール31

ネジを切った鉄製のカラーを埋め込んで修正していますので、強度も十分です。

 

1966年式XLCH アイアンスポーツリジッド エンジン・ミッションオーバーホール32

なお、今回の場所以外でも一通りのサイズに対応可能です。

続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!