1956年式KHK #7 スタータークランクシャフト

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

前回に引き続き、1956年式KHKのネタです。キックアームとクランクギアを繋ぐシャフト。

Kモデル&アイアンスポーツキックシャフト1

左が純正品。腐食が相当酷かったので右の新品を取りましたが、四角く切削されたギア取付部分の寸法が違います。

 

それもそのはず。Kモデルもアイアンスポーツも外観は同じに見えますが、

Kモデル&アイアンスポーツキックシャフト2

パーツリストの通り、シャフトの品番が2つ。56年と57年を境に形状が異なります。
各社探してみましたが、-56年までのシャフトのリプレイス品は出ていないようです。

 

なお、57-66年用のシャフトにスタータークランクギアを取り付けると、

Kモデル&アイアンスポーツキックシャフト3

このようにギアが深く入り過ぎてしまい、ナットを締めることが出来ません。

 

というわけで、この新品をベースに-56年仕様のシャフトを製作します。

Kモデル&アイアンスポーツキックシャフト4

まずは必要最低限だけ溶接肉盛り。

 

Kモデル&アイアンスポーツキックシャフト5

旋盤で肉盛り部分の外径を合わせます。慎重に。

 

最後にフライス盤にてギア取付部分の4面を切削して完成です。

Kモデル&アイアンスポーツキックシャフト6

シャフトの水平、角度割り出しなど、切削自体よりセットアップに手間が掛かりますが、おかげで純正品の寸法と同じに仕上がりました。これでちゃんとナットを締め付けできます。

それにしてもこういうマイナーチェンジ、多いですよね。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!