1977年式XLH1000 納車整備 #3

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1977年式XLH1000、納車整備の続きです。前回ではフロントフォークを装着しました。
フロントホイールのリムが届くまで、先にできる整備を済ませておきます。

1977XLH1000 25

フロントマスターシリンダーのリビルド。しばらく動かしていない車両は大体ダメになってます。
分解して徹底洗浄、シリンダーのボア内はホーニングで傷取りしてリフレッシュ。

 

こちらの車両はウインカーが付いていませんでしたので、ウインカー装着。
あえて大柄なブレットウインカーで、多少野暮ったさを残します。

1977XLH1000 26

ウインカーはほとんど汎用品なので、当然ポン付けできません。ネジが飛び出してますね。

 

旋盤で適当な長さにカット。

1977XLH1000 27

これで丁度良く装着可能になりました。

 

シッシーバーの固定ボルトが内部で折れていました。固着して手の施しようが有りません。

1977XLH1000 28

折れたネジごと穴を開けて、タイムサートで修正。反対側も。しかしなんで折れたのか???

 

プライマリー、クラッチ周りも点検・調整。

1977XLH1000 29

低走行なので、全てのパーツが良い状態です。こちらもオイルはASHで。

 

さて、いよいよフロントホイール周りに。

1977XLH1000 30

ハブ単体のうちにベアリングレースを交換しておきます。

 

当然ベアリングのクリアランスも再調整が必要で…
このクリアランスは、左右のベアリング間に入るカラーの長さで決定しています。

1977XLH1000 31

旋盤でカラーを削って…

 

EVOに使用されている、こんな形のスペーサーを装着します。

1977XLH1000 32

これでシム(調整用ワッシャー)の厚さ、枚数の増減でクリアランス調整可能となります。
次回ベアリング交換の際にクリアランス調整が容易となります。

 

1977XLH1000 33

クリアランス確認。OK。

 

で、届いたリムにスポークを張って調整。

1977XLH1000 34

このリム、メーカーHPを見ると完全な純正のレプリカですが、実際に届いたのは形状違い。
純正のスポークで装着可能と表記があるも、形状違いのため純正スポークは使用できず。
部品屋さんがスポークを手配してくれたので助かりましたが…リム自体の精度も良いとは言えず、調整も大変苦労しました。

 

そんな苦戦を強いられながらも、何とかタイヤ装着まで漕ぎ着けました。

1977XLH1000 35

ホイール云々の前に、このタイヤの精度も大したことないんですけどね。

 

摩耗していたブレーキローターも新品に交換。で、バランス取って。

1977XLH1000 36

そういえば、ブログでバランサーをアップするのは初ですね。
このバランサーも購入してから使用可能になるまで難儀でした…。

 

いよいよホイール装着ですが、こいつも忘れずに。

1977XLH1000 37

徹底洗浄してグリスアップしてあります。

 

で、無事(?)フロントホイールが付きました。長かった…

1977XLH1000 38

これでリア周りの整備に移れます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!