1977年式XLH1000 納車整備 #1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1977年式XLH1000、納車に向けて整備中です。

1977XLH

前回はこんな状態で腰上分解中でしたが…

 

点検完了したので元に戻します。ガスケット・シール類は新品になります。

1977XLH1000 1

こちらは銅板をプレスして作られたシリンダーヘッドガスケット。
右と左で色が違いますが、銅ガスケットは組み付け前の下準備が重要です。

 

1977XLH1000 2

途中の写真が有りませんが、腰上まで組み上げました。

 

一応エンジン始動できる状態になったので、次は車体の整備に移ります。

1977XLH1000 3

フロント周りから分解していきます。

 

すごい汚れです。ブレーキダストとグリスが固着しています。

1977XLH1000 4

アクスルシャフトも固着して抜けませんでした。

 

毎度のことですが、ホイールベアリングもダメです。

1977XLH1000 5

 

痛いのがコレ↓ 折角のHリムが変形しています。

1977XLH1000 6

 

タイヤ交換のついでに全バラ。走行に悪影響が出そうなので交換します。

1977XLH1000 7

あ、もちろん無償ですよ。

 

74-77年の通称三角キャリパー。分解したら中身はウ〇コ状態。

1977XLH1000 8

ですが、完全に干からびてピストンが固着するよりは幾分マシです。

 

お決まりのピストン腐食。右は表面に細かい穴が開いちゃってます。左は新品。

1977XLH1000 9

定期的にブレーキフルードを交換していないと、旧車じゃなくてもこうなります。要注意。

 

新しいピストンとシールでリフレッシュ。

1977XLH1000 10

 

ブレーキパッドも要交換です。今では考えられませんが、この年式はリベット留めです。

1977XLH1000 11

リベットを揉んでパッドを外し、

 

新たなパッドの角を面取りし、リベットでカシメて交換完了。

1977XLH1000 12

リベットのカシメが甘いと酷いことになります。交換の際はショップに依頼しましょう。

続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!