2011年式FXDWG ハンドル・ライザー・ウインカー交換 前編

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

おはようございます3110です。 この土日はとても良い天気でした。沢山のご来店ありがとうございました。

 

2011年式FXDWG・ダイナワイドグライドの、ハンドル周りとウインカーのカスタムを承りました。

一度ラインナップから姿を消したダイナワイドグライドですが、こちらはNewバージョンの方ですね。

昨今のデザイントレンドに沿い、黒×銀のコントラストが映えるスタイリングです。

しかしそこはあくまで純正、少し大きすぎるハンドルとウインカーを交換し、さらに精悍さをアップしたいと思います。

 

最近は1-1/4インチのファットバーが標準装備のモデルが増えましたね。

この手のモデルはハンドコントロールの配線が中通しになっていますので、ハンドル交換時にはカプラーを分解して配線を抜き取る必要があります。

06up-のダイナではネックの下に配線がまとまっています。タンクをズラし…

 

配線を引っ張り出します。

相変わらず本数は多いですが、旧型より格段に作業性が良いです。

 

カプラーを分解してウインカーの配線をスイッチボックスから抜きます。

今回はハンドル交換と同時なので良いですが、ウインカー交換するにも配線バラさないといけないです。 大変だ。

 

はい、コントロール周り一式外れました。

後は1インチバーのモデルと同じですので、サクサクっと進めていけます。

 

今回は高さのあるライザーを装着します。純正のラバーマウントでは捩れてしまうので、金属製のソリッドマウントに交換します。

装着後はボルトの頭が見えなくなるフラッシュマウントタイプです。それほど箇所ではありませんが、よりライザーが引き立ちます。

 

今回の製品はネジ切りが不完全でボルトが全く入りませんでした。タップでネジ山を仕上げます。

 

ライザーとハンドルを装着しました。黒×黒の組み合わせです。

純正よりだいぶハンドル幅も狭まり、着座して手を伸ばすと丁度ハンドルがある、そんな自然なポジションになりました。

次回はウインカー交換に続きます。

続きはコチラ。

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!

 

2011年式FXDWG ハンドル・ライザー・ウインカー交換 前編” への2件のコメント

  1. 写真のライザーは、何インチですか? ワイヤー ブレーキホース ハーネスなどの延長はありましたか?

  2. >mpowerjun さん

    コメントありがとうございます。
    残念ながらマッチングや技術的な内容については、コメントでは公開しておりません。
    作業ご希望であれば、車種・年式を添えてinfo@overload-machinery.comまでメール下さい。
    お手数ですが宜しくお願いします。

コメントは受け付けていません。