クランクケース クラック修理

クランクケースのクラックを溶接修理します。

1956 KHK クランクケース クラック 溶接 修理 1

こちら、1956年式KHKのクランクケース。
プライマリーチェーンテンショナーのマウント部、上下ともにクラックが。

 

かなり深いクラックでしたが、進行した部分は全て削り取りました。

1956 KHK クランクケース クラック 溶接 修理 2

そして溶接肉盛り。

 

普段目に付かない部分なので、特に見た目は拘らずに仕上げ。

1956 KHK クランクケース クラック 溶接 修理 3

純正とほぼ同じように見えますが、以前よりは耐久性のある形状になってます。

 

次、1979年式FLHのクランクケース。

1979 FLH クランクケース エンジンマウント クラック 割れ 欠け 溶接 修理 1

リアエンジンマウント右側。クラックというより欠けですね。

 

こちらも肉盛り。

1979 FLH クランクケース エンジンマウント クラック 割れ 欠け 溶接 修理 2

 

そして整形。

1979 FLH クランクケース エンジンマウント クラック 割れ 欠け 溶接 修理 3

こちらは多少見た目も気にした仕上げに。この後フライス盤で面出しが必要です。
まぁ最後にブラスト当てれば、溶接修理したようには見えないでしょう。

 

たかだか数枚の写真と共に記事にすると、さほど手間の掛からない作業のようです。

しかし、様々な下準備を含めると作業範囲の割にかなりの時間を要します。
何より替えが効かない物なので、万が一のミスも許されません。かなり気を使います。
見た目の変化は乏しいですが、実はこういった作業の方が難儀だったりします。

まぁ、読んでくれた人にこの気持ちの2%くらい伝わったらラッキーですな。
これが自分の仕事なので、手間が掛かって当たり前、いちいちアピールする物でもないと思ってますが…たまには知ってもらいたい時もあるもんで。
いつも以上に偉そうですみません(テヘペロ

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:こちらから
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!