1978年式ショベルヘッド 腰下オーバーホール #1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1978年式ショベルヘッドの腰下オーバーホールを承りました。

分解できるところはオーナーさんが自分で分解し、クランクケースの状態で送って頂きました。

1978年式ショベル腰下オーバーホール1

クランクの芯出しとケースのリペイントは確定オーダーです。分解・チェックしてリミットを越えている部分は修復します。

現段階でコンロッドの振れが規定値の倍ぐらいあるので、色々出るかもしれません。

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール2

では分解していきまっしょう。

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール3

珍しいカムが入っていました。

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール4

どのみち分解するんですが、参考までに現段階のピニオンシャフトの振れを見てみます。

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール5

特殊工具を使ってケースを分離します。

 

液状ガスケットで固着していますが、パカっとキレイに外れます。

1978年式ショベル腰下オーバーホール6

マイナスドライバーなどでコジると、ケースの合わせ面に傷が入るのでNGです。

 

引き続きクランクAssy.もケースから分離します。

1978年式ショベル腰下オーバーホール7

外れました。それにしても内部が真っ黒ですねー。

 

1978年式ショベル腰下オーバーホール8

内部にはヤヴァそうな金属片が溜まってますよ。

 

オイルポンプボディ内部の傷は、先ほどの金属片の仕業?

1978年式ショベル腰下オーバーホール9

オイルの圧送側に傷が入るとNGです。残念ながらオイルポンプボディも要交換となります。

 

続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!