1969年式XLH900 オーバーホール2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

前回の投稿から10日も経ってました… 更新が滞るのは毎度のことですが。

前回は溶接修理されたクランクケースが歪みまくり…ということでしたが、問題は他にも。
外からは溶接されているのですが、内側にはクラックが残っています。

1969XLH900オーバーホール1

クラックに塗料を染みこませて現像する浸透探傷という方法で状態をチェックします。
クラックが深いところには塗料が多く残りますので、現像時の滲みも大きくなります。

続きを読む

【長文注意】フライホイールについての考察 #1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

皆様お久しぶりです。全くブログを更新できずにすみません…(汗)
このままだとネタがお蔵入りしてしまいそうなので、頑張って書きます。

タイトルが大げさですが、エンジン関係の作業をご依頼頂いたお客様向けの記事です。
作業紹介の補足的に、図も加えて分かりやすくまとめてみたいと思います。
・1979年式FLH エンジンオーバーホール#1
・1979年式FLH エンジンオーバーホール#2
・1982年式FXB エンジンオーバーホール#1
上記の関連記事なので、ショベルヘッドをベースに話を進めていきます。

フライホイール・クランクと芯出し

 

そもそもフライホイールって何?

ショベルヘッドフライホイール

雑誌などでも見かける言葉、Flywheel:フライホイール。日本語で言うと『はずみ車』です。
機械全般で言えば、運動エネルギーを蓄えるための回転部品のことです。詳細は後述します。
ハーレーで言うところのフライホイールは、クランクシャフトを構成する円盤状の部品となります。
使い方は大雑把なようで、クランクを指してフライホイールと呼ぶ場合も見受けられます。

続きを読む

1982年式FXB エンジンオーバーホール#1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

ご無沙汰していた作業紹介の記事です。こちらは1982年式FXB・スタージスのエンジンです。
オーバーホールというより社外品を使用しての組み立てに近いです。
こちらの車両もあまり写真が有りません(^^;)

まずはカムカバーの合わせ面、面出しから。

1982年式FXB ショベルヘッドエンジンオーバーホール1

もともとクロームが掛かっていたカバーで、相当の歪みでした。

続きを読む

1979年式FLH エンジンオーバーホール#2

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1979年式FLH、ショベルヘッドのエンジンオーバーホールの続きです。
前回はヘッド周りの作業でした。今回はクランクケース周りの作業です。

1979年式FLH ショベルヘッドオーバーホール13

この車両のクランクケース、マウント部リア側は欠損していました。
フロント側はボルト締めすぎのせいか、0.5mm強も座面が凹んでしまい要修正。

続きを読む

1979年式FLH エンジンオーバーホール#1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

ご無沙汰しております。ブログは一度サボるとサボり癖が付いてしまいますね。

先日ご紹介したショベルヘッドについて、作業内容をご紹介していきたいと思います。
毎度のことながら、写真が飛び飛びです。ご了承下さい。

1979年式FLH ショベルヘッドオーバーホール1

ということで、いきなりこういう写真からスタートです。
ロッカーボックス固定用のスタッドボルト、ヘッドのネジ山ごと抜けてきてしまっています。
1本、2本ぐらいでしたら比較的簡単に修理できます。しかし、前後とも5本ずつこの状態。

続きを読む

ショベルヘッド

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

はい、毎度のことながらご無沙汰しております。

1979FLH&1982FXB ショベルヘッドエンジンオーバーホール1

お待たせしました。1979年式FLH1982年式FXB、2台のショベルヘッドが完成しました。
キャブは抱えるときに邪魔なので後ほど装着します。

続きを読む

油圧タペット比較

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

タペットマペット!

 

社外の油圧ユニットは性能が良くない…という話をよく聞きます。

ショベルヘッド 油圧タペット1

右:純正、中:Sifton(V-twin(Tedd Cycle))、左:Eastern

続きを読む

めまい注意。トルクモンスター

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

未加工のフライホイール(右側)がグルグルしているだけの動画です。
3時間ぐらい見続けると悟りが開けるかもしれません。

I様、お待たせして申し訳ありません。明日からフライホイールバランシングに入ります。

時間が有るときに詳細アップします(いつとは言ってない)。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
HP:http://overload-machinery.com
Blog:http://overload-machinery.com/blog
E-mail:こちらから
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!

ショベルフライホイールバランシング

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

進行状況の報告的な記事です。
予定通りに作業が進んでおらず、大変申し訳ありません…

ショベルヘッドフライホイールバランシング

E様のショベルのフライホイール、バランス取りに着手しています。
分かりづらいですが、バランス取り前の画像です。

続きを読む

フライホイール芯出し…の実験

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

ショベルヘッドのフライホイール芯出し…コンロッドが入っていませんが、限りなく本番に近い仮組みってとこでしょうか。

着手前に色々と妄想して、その考え方が合っているか確認している最中です。

ショベルヘッドクランク芯出し

結果、2~3分の軽い調整でピニオン側5/1000mm、スプロケット側15/1000mmの振れ。
ハンマーでぶっ叩いたりしてません。今までの苦労がウソのようで、これは素直に嬉しい♪

ちなみに1/100mm台のゲージでは針が振れない状態でしたが、1/1000mm台のゲージを当てたところはっきり振れが出ました。

正直1/1000mm台で詰めて意味が有るのか、疑問に思い始めてましたが…どうなんだろう?
こればっかりは完成しないと分からないし、完成しても分からないかもしれません。

ゲージの数値が全てではないし、クランク周り以外にも詰めるべきところが山ほどあります。
まだまだ経験・知識不足なので、さらに精進していきたいと思います。

次はバランス取りかな。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
オーバーロードマシナリー
Overload Machinery

通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00
 

HP:http://overload-machinery.com
Blog:http://overload-machinery.com/blog
E-mail:こちらから
所在地&TEL/FAXはこちら
For Sale!!