1979年式FLH カスタム #1

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

1979年式FLHのカスタムを承りました。

16インチキャストがFLHの面影を残すも、すでに全体に手が加えられています。

1979FLH custom1

現在のスタイルで十分まとまっていると思いますが、ここから大きくイメチェンしていきます。

 

今後の比較用に、車体左側も載せておきます。

1979FLH custom2

2インチのオープンプライマリー+ミッドコンを改造してスーサイドジョッキー化されています。グラスシフトノブが良い感じです。

 

では作業へ。フロント周りから大まかに紹介します。

今回はFLH純正の41mmワイドグライドから、35mmナローフォークへと変更します。

1979FLH custom3

社外の35mmフォークがメーカー在庫切れだったため、純正の中古品を使用することに。

かなり状態は良かったのですが、いかんせん古いものですので全バラして洗浄・点検です。

 

もちろんシールなど消耗品は新品に交換。

1979FLH custom4

おなじみ油面ゲージで油面高さを調整。35mmフォークは油面の設定次第でフィーリングが随分変化すると思います。

 

35mmナロー化に伴い、ホイールも変更です。

1979FLH custom5

ハンドシフトなので坂道発進などの実用性も考え、21インチのミニドラムホイールを使用します。

 

タイヤはファイヤーストーンの『Racing』というモデルを装着。

今まで旧車チックな21インチタイヤは実質AVONのSP-Mk2くらいしかありませんでした。

1979FLH custom6

SP-Mk2より更にシンプルなデザインです。デザインというかむしろ縦溝のみ。リブの深さもこちらの方が深いかも。

一応スタンドに載せてバランスは見るものの、ファイヤーストーンブランドのタイヤはどうにもこうにも…タイヤ自体上下に数mm振れてたり。お察し下さい。

 

フロントエンドをごっそり外して車体側の準備はOK。

1979FLH custom7

撮り忘れましたが35mmナロートリプル&フォークを装着、ベアリングも新品に交換です。

 

ホイールを装着するのですが、ミニドラムホイールは汎用品となります。純正ホイールとは全く互換性が有りません。そこで、

1979FLH custom8

 

上:外径の違うアクスルシャフトを使用するために、断面がC型のカラーを作ります。アクスルシャフトを純正と同じ外径に変換しつつ、確実にクランプできます。

下:ハブの幅も異なりますので、センターを出すために旋盤でスペーサーを加工。

 

これでホイール自体の装着は無事に完了しました。が、

1979FLH custom9

ドラムブレーキなので、バッキングプレート(ブレーキ本体)の回り止めを付けなければいけません。

 

ドラムブレーキといえば、通常は下のピンク線のように板や棒を使って回り止めにします(ホイールキットにも板が付いてきます)。

1979FLH custom10

しかし、せっかくホイール周りがシンプルになったのに普通に回り止めを付けるのも…むしろ目立ちそうな気がします。

 

ということで、なんとかシンプルに固定出来ないものか妄想。

1979FLH custom11

各部採寸し、CADで図面を引いてシミュレーション。いけるかも…。

 

旋盤でカラーを作って、

1979FLH custom12

 

そのカラーを板に圧入し、

1979FLH custom13

 

ぐるっと溶接。

1979FLH custom14

これをバッキングプレートに装着し、

 

フォークに付けるとこうなります。

1979FLH custom15

長い板を引っ張らずともバッキングプレートを固定できます。仕上げてないので見た目は綺麗ではありませんが、寸法はピッタリ。

 

上から見るとこんな感じ。とにかくシンプルです。

1979FLH custom16

横からの画像撮り忘れましたが、フォークに隠れて回り止めはほぼ見えません。

 

ということでフロントがナローフォークに変わりました。

1979FLH custom17

部品の装着にあたっては加工や調整が必要でしたが、これだけ雰囲気が変わるなら付けた甲斐がありますね。

続きます。

 

それと今回作ったC型クランプやカラー、ブレーキの回り止めはオリジナル部品として生産を検討しています。

どれぐらいのタイミングでリリース出来るか未定ですが、興味を持たれた方、買う買わないに限らずメール・コメントなどレスポンス頂ければ幸いです。声を掛けて頂ければより頑張れると思いますので、ぜひ宜しくお願いします(^ω^)

 

2013/03/02追記:せっかくなので、回り止めを横から見た画像を追加しました。

1979FLH custom18

こんな感じに目立たなくなります。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00


HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!

 

1979年式FLH カスタム #1” への8件のコメント

  1. F16インチも良いが21も良いですね!カスタム度が一段とアップ!此からが楽しみですね♪

  2. あきやんさん

    コメントありがとうございます! フロント変わるだけで全く別のバイクになりますね。
    FLのフロントエンドが丸々残っているので、気分で付け変えても楽しそうです!

  3. カッコイイです!
    完成が楽しみですね

  4. mackazさん

    コメントありがとうございます! 更新が滞り気味ですが、今後もブログのチェック宜しくお願いします!

  5.  当方79年のショベルでリターンした者です。フロントのバナナキャリパーのガタに困っており、パンやアーリーのドラムも検討していますが手が出ない状態です。
     そこでミニドラムで検索していたら貴社にたどり着きました。今すぐ頼めるほどの余裕はありませんが、上記記事のミニドラムのCクランプ、カラー、回り止めの販売があればおいくらぐらいになりますか?
     突然ですみませんがよろしくお願いします。

  6. ビリーさん

    コメントありがとうございます。
    詳細は追ってE-mailにてご連絡させて頂きます。
    数日中にご連絡させて頂きますので、今しばらくお待ちください。宜しくお願いします。

  7. こんにちは!当方も35フォークでミニドラムを検討し、ホイール、ミニドラムまではそろえたのですが、とりつかないことが判明しあきらめていました。この記事のCクランプ、カラー、回り止めの販売があれば、購入を検討したいのですが、おいくらになりますか?突然ですみませんがよろしくお願いします!

  8. masaさん

    コメントありがとうございます。
    詳細は追ってE-mailにてご連絡させて頂きます。
    数日中にご連絡させて頂きますので、今しばらくお待ちください。宜しくお願いします。

コメントは受け付けていません。