1980年式FLH ショベルヘッドオーバーホール #3

ハーレーカスタム・中古車販売・車検メンテナンス・修理の新潟県新発田市オーバーロードマシナリー Topページはこちら

 

前回の記事からかなり間が空いてしまいましたが、1980年式FLH・ショベルヘッドのオーバーホールをご紹介していきたいと思います。

すでに完成してしまったので作業後記です。

今まではリューター+バフで磨いていたロッカーボックスですが、ベンチグラインダーを改造して楽にポリッシュできるようになりました。

 

ロッカーアームは要交換の状態でしたので、お客さんと相談の結果、JIMS製のローラーロッカーキットを組むことに。

信頼のJIMS製ですが、一応クリアランスなどチェックしておきます。うそです、むしろデータ取りです。参考になりました。

 

ちなみにローラーロッカーとは、バルブとの接触面がローラーになっていて、摩擦低減や力の掛かり具合を改善できる部品です。

面研したロッカーボックスに組み込み、エンドプレイもチェック。問題無し。

 

今回のショベル、なんとも豪華です。ヘッドも全面的に問題ありだったため、修正では無くS&Sの新品で組むことに。

こちらも分解して各部チェック…

 

こちらのヘッド、純正では大小2本のバルブスプリングが、大中小と3本入っています。まるでトトロです。推しメンは中トトロです。

どれほど強力なのかと思っていましたが、2本組の某メーカー製と大差無かったです。参考になりました。

 

で、合体してヘッドAssy.は出来上がりです。

味、雰囲気云々は別として、やはりビシッと面の出ている新品は良いなぁと思いました。

続きます。

 

 

 

新潟県新発田市のハーレーカスタムショップ
Overload Machinery
(オーバーロードマシナリー)

E-mail:info@overload-machinery.com
通常営業 土曜・日曜・祝日のみ 営業時間 11:00~18:00

HP:http:// www.overload-machinery.com
Blog:http:// www.overload-machinery.com/blog
E-mail:info@overload-machinery.com
所在地&TEL/FAXはこちら 
For Sale!!

 

1980年式FLH ショベルヘッドオーバーホール #3” への2件のコメント

  1. 一番したの写真の映り込みが(笑)

  2. >ややこいおっさん さん
    気付かれてしまいましたか! なお、今後のお手入れには『ホワイトダイヤモンド』という磨き剤がオススメです。

コメントは受け付けていません。